チリ 最新情報

チリ

現地からの最新情報に基づき情報更新を行っておりますが、各国の情報については日々変更となっており、以下の内容から変更されている可能性もあります。渡航を検討される際には、各国の公式情報を大使館等の情報で確認するなど、最新の情報を十分にご確認ください。

出入国情報
日本国籍出入国入国可否 規制
入国非居住外国人の入国可
宣誓供述書・PCR 陰性証明書(チリに入国する便の出発時間から72時間以内に検体を採取し検査したもの(スペイン語、英語)で、陰性証明書は上記の宣誓供述書入力時にアップロー
ドし持参)・海外旅行保険証書 スペイン語又は英語(コロナ感染症にかかる費用及び医療費等をカバーできる30,000ドル以上の補償)・入国時のPCR 検査(陰性結果が出るまで隔離)
*入国より6ヶ月前までにワクチン追加接種を受けており、Pase de Movilidad で認証されている者は、国籍を問わず、入国時の検査及び入国後の隔離なし
(以下空港・陸路のみ入国可)
空路: サンティアゴ空港/イキケ空港/アントファガスタ空港/プンタ・アレーナス空港
陸路:チャカジュタ国境(アリカ州)/コルチャネ国境(タラパカ州)/ピノ・アチャド国境(アラウカニア州)

・南アフリカ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソト、エスワティニ、モ
ザンビークに過去14日に滞在歴がある非居住外国人はチリ入国が拒否されます。
チリ国籍およびチリ在住外国人のみ入国(サンティアゴ空港のみ)が許可されています。
出国
出入国の状況
国内の状況/規制
  通常営業  一部休業/停止  休業・停止 
宿泊施設
観光施設
レストラン
交通機関(列車・バス・船など)
国内線
国内の状況
  マスク  フィジカル
デスタンス 
 人数制限 営業時間規制
宿泊施設
観光施設
レストラン
交通機関(列車・バス・船など)
国内線
国内の規制
ワクチン接種の状況

2021年12月03日現在 

1回目 88%

2回目 84%